安心・安全|【公式】クレアホームズ上田中央|JR北陸新幹線「上田」駅|セントラル総合開発の新築分譲マンション

SAFETY

Security

※動画には音声が入っております。

こだわり

ハンズフリー電気解錠システム「ラクセス」
エントランスから玄関までカバンに入れたままでOK。
ポケットやカバンなどにラクセスキーを入れておくだけで、 ハンズフリーで共用エントランスのオートロックを解錠できるほか、 玄関ドアもキーを取り出すことなく施解錠操作が可能。
両手に荷物を持っている時も安心です。
  • カバンに入れたままでリーダ検知範囲に入ると自動ドアが解錠
  • カバンに入れたままでリーダ検知範囲に入り、手をかざすとインジケータのボタンが押せます
  • カバンに入れたままで施解錠ボタンを押すだけで玄関ドアが解錠
ハンズフリー電気解錠システム概念図 ハンズフリー電気解錠システム概念図

■ハンズフリー電気解錠システム概念図
※センサーの範囲などにより解錠できない場合があります。※ラクセスキーは電池レス機能を備えております。急な電池切れの際にはラクセスキーをリーダに接触させることにより、オートロックを解錠することができます。

参考写真

こだわり

外出先からスマホで対応可能! セコムの「インターホンIoT」
外出先からでも、ご自身のスマートフォンで来訪者の姿を確認したり、 通話やオートロックの解錠まで可能になります。
家事で手が離せない時スマホで来客対応
来客履歴を確認 写真付の履歴
外で対応が遅れる時 自動応答で対応

※対応機種によっては制限があります。 ■インターホンIoT概念図

image

image

24時間セキュリティシステム

共用部や専有部における各種センサーが異常事態を感知すると、非常警報を遠隔管理センターへ自動的に通報。状況に応じてスタッフが現場に急行し、迅速かつ的確に対応。365日暮らしの安全を常に見守ります。

ダブルロック・プッシュプルハンドル

玄関ドアの2ヶ所に鍵穴を設けたダブルロックを採用。「押す・引く」だけで簡単に開閉できるプッシュプルハンドルです。

カラーモニター付きインターホン

見やすいカラー映像で風除室の来訪者をチェック。録画・録音(留守設定時)機能も備えています。

侵入異常センサー

全住戸の玄関扉と窓(一部除く)に、24時間セキュリティシステムと連動した侵入異常センサーを設置しています。

防犯サムターン

工具などで不正解錠しようとしても回らない、特殊な室内施錠用つまみ(サムターン)を採用。

鎌デッドボルト錠

錠を閉めた際にデッドボルトが枠に引っかかり、バールなどの不正なこじ開けを防ぎます。

監視カメラ

参考写真

風除室、エレベーター、駐車場、自転車置場などに監視カメラを設置。録画された画像は一定期間保存されます。

リバーシブルディンプルキー

image

複製がほとんど不可能でピッキング対策にも有効なディンプルキーを採用しました。

Structure

構造断面のイラスト概念図

※掲載の構造断面図はイラスト概念図であり、鉄筋の太さ・量など詳細は実際とは異なります。

1 耐熱性に優れた外壁

外壁は150mm以上のコンクリート厚を確保し、その内側には断熱材を吹き付け、冷暖房効率に優れた壁構造を実現しています。

概念図
2 遮音性に配慮した戸境壁

戸境のコンクリート壁厚を約180mmに設定。生活音が隣戸に伝わりにくく配慮し、居住性能の向上を図っています。

概念図
3 ダブル配筋

建物を支える主要な戸境壁には鉄筋を二列配置するダブル配筋を採用。壁のひび割れを抑制するなど、高い強度と耐久性を実現しています。

概念図
4 直床・二重天井

床スラブ厚は約200mm確保するとともに、上階スラブとの間に隙間を設けた二重構造を採用。生活音が伝わりにくくしました。

※1階床・屋上スラブ厚は除く

概念図
概念図

概念図

強固な地盤と基礎構造

地下約12m付近の支持層に、軸経約1,300mm〜約1,700mmの現場打ちコンクリート杭を27本打設し、強固な基礎を構築しています。

概念図

概念図

耐震ドア・耐震枠

ドアとドア枠の間に適切な隙間を設け、地震などによりドア枠が変形した場合でも開閉不良を生じにくくします。

概念図

概念図

コンクリート強度

住まいの基本となる躯体の主要構造部に設計基準強度27〜36N/mm²のコンクリートを採用しました。

※外構等は除く

概念図
住宅性能評価

国土交通大臣の認定した第三者機関による設計住宅性能評価書を取得。建設性能評価書も取得予定です。

※掲載の写真はモデルルーム(Aタイプ)を撮影(2021年4月)したもので、家具・調度類は販売価格に含まれません。また、一部オプション仕様が含まれております。

上部へ戻る